研究


研究室で取り扱っている研究内容について紹介します。


IoE/M2Mソリューション研究室(神戸研)では、IoT、M2MをベースとしたCPS(Cyber Physical System)の研究を主として行っています。

組込みシステムのハードウェア、ソフトウェアの基礎から、ネットワークと連携したリモート制御やクラウド化・仮想化システムの構築、WebOSベースのプラットフォームフリーフロントエンド化を組み合わせたシステムなどに取り組んでいます。

さらにプロービング(収集)したデータの機械学習、AI化などによるシステムの見える化、状況認識、セキュリティーや安全運用に向けた応用ソリューションの研究も行っており、農業IoT、ヘルスケアから車の自動運転、鉄道安全管理、ドローン応用、WBS(Well Building Standard)に対応した人の在場環境分析・改善等、幅広い領域を研究対象にしています。


1. IoE/M2M技術を応用したシステム/ソリューションの研究

 基本となる組込みシステムをベースに、センサフュージョンのM2M、IoT化の研究を実施する。さらに、得られたプロービングデータのデータマイニング/AI処理等から、これらシステムのCPS化とクラウド化等につき研究する。
 ERP等の企業情報システムを含め、HTML5等Web先進技術によるフロントエンドのプラットフォームフリー化とネットワーク連携、クラウド化に対応した情報システム技術の研究を行う。
 ラピッドプロトタイピング工房のユーザ、居室、機材、安全管理等、IoT運用管理システム構築、CPS化、プロービングデータの分析・施設運用のAI化等を研究する。
 機器のリモート制御/運用管理システム、ヘルスケアシステム、WBSソリューション、高度交通システム、農業IoT化などの研究を行う。


2. 組み込みシステムのハードウェア・ソフトウェア研究

 電気・電子回路による機器、通信、メカトロ等の制御の基本制御技術と、マイクロプロセッサ・FPGA等を組合わせた ハードウエア・ソフトウエアの協調設計技術、センサネットワーク、M2Mシステムへの応用等の研究を行う。
 また、これらの研究を加速するラピッドプロトタイピングの応用研究を並行して行う。


3.組み込み技術者教育方式の研究

 上記技術の習得を目指す実験や技術者の教育方式の研究を行う。
 SWとHWをそれぞれ開発する組込みシステム開発において、M2MやIoT化における「HW/SW協調設計」や実験作業の精緻化を実現するための、開発環境の構築と実験方法の構築を行っている。
 …ブレッドボードリバースエンジニアリングシステムやFPGA開発設計用トランスレータの開発など。